2009年12月02日

なんちゃってコーラ

 以前、お醤油ボトルそっくりのオレンジジュースを日記で紹介したことがありましたが(http://soranotorinonohana.seesaa.net/article/115492527.html)、今回はタバスコそっくりのコーラ。

 味は…コーラとは微妙に違うけど、タバスコとは似ても似つかないちゃんとした炭酸飲料でした。

 でも、ちょっと面白いのでご紹介。

09_11_21.jpg

 こんな遊び心のある商品、大好きですわーい(嬉しい顔)
posted by ♪Sunny at 23:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 食べ物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月14日

ご当地キャラメル

 先日、ちょっと大きな雑貨屋さん(?)に行きました。
通り掛って入ったのですが、色んなものがあって、めっちゃ楽しかったです。
 お香やアロマテラピーのグッズ、フォトフレーム、マグカップ、パーティーグッズ、その他あれこれ…。
雑貨屋さんよりファンシーショップって感じでしょうか?
今どき「ファンシーショップ」なんて言わないかな?ああいうお店のこと、なんていうんでしょうね。とにかく色んなものがあって楽しめました。
 一番欲しかったのはでっかーいカピバラのぬいぐるみでしたけど。

 と、お菓子売り場で見つけたご当地キャラメル。
なんや、北海道まで行かなくても、北海道で売ってたのが売ってるやん、って思いながら眺めていましたが、ご当地キャラメル、色んなのがあって面白いですよね。

 わたしが食べてみたかったのは、「さくらんぼキャラメル」と「練乳キャラメル」それにバンビの「白いプリンキャラメル」ですね。
あ、あと、白樺の雫入り「ココアキャラメル」っていうのもちょっと惹かれました。

 「さくらんぼキャラメル」は山形のかな?
「練乳キャラメル」と「白いプリンキャラメル」「ココアキャラメル」は北海道のでした。
バンビって、北海道では結構有名なメーカーなのかな?
フェリー乗り場とかお土産屋さんでよくバンビの生キャラメルを見かけました。

 一昨日は結局、買わなかったんですけど、今度機会があれば買ってみようかなぁ。


09_10_11a.jpg

09_10_11b.jpg

★携帯しかもっていなかったので画像、悪くてすみません。
posted by ♪Sunny at 01:24| Comment(4) | TrackBack(0) | 食べ物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月06日

じゃがポックル

09_10_06.jpg

 言わずと知れた北海道限定販売のじゃが芋系スナック菓子。
類似商品にジャガビーがあります。
どちらもカルビーの商品なので、パクリ、と訴えられることはないですね。

 でもね、やっぱり絶対じゃがポックルの方が美味しいです。
もちろん好みもあると思いますけど、じゃがポックルの方が脂っぽくないし、お芋のきめが細かいんです。
塩加減もちょうどよく、本当に美味しいです。

 でも、北海道でもあんまり売っていないんですよ。
やっと見つけたお店ではおひとり様2箱限定でした。

 それで、すごくもったいぶって食べています。
楽天でも色々出ているようですよ。
ただ、定価単品販売のはすぐ売り切れるようです。
少し高い値段で売っているのや、他のお菓子と抱き合わせ販売のものなら買えるようですが。
楽天で「じゃがポックル」で検索してみてくださーい!


posted by ♪Sunny at 01:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 食べ物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月29日

バタークッキー「もりりん」

 日記ブログ(http://soranotorinonohana.seesaa.net/)の方に、北海道旅日記を書いていますが、今回の旅で出会った美味しい者たちをご紹介していきたいと思います。

 まず、第1弾はバタークッキー「もりりん」
夫がお友達から頂いたのですが、サックリした歯触りと、豊かなバターの香りがとってもおいしかったです。

 HPを見ると、砂川本店の横に「北菓楼の森」というのがあって、植花イベントなんかもされているみたい。
なんだか良い感じですね。
今回は、砂川方面には行かなかったのですが、いつか機会があればぜひ訪れてみたいと思います。
(砂川には親戚がいるので、可能性はあるかも?)

 とにかく、それほどクッキー好きでない私が久々に出会った「おいしいクッキー」でした!!

↓こちらで商品が購入できますよ!!
http://www.hori-group.jp/kitakaro/shop/item/6108
posted by ♪Sunny at 00:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 食べ物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月31日

白いモチモチロール

 最近お気に入りの白いたい焼き。

 うちの近く(と言っても車でちょっと走るんですけど、わたしの感覚では、車でちょっと走るくらいだと「近所」なんです)にあるお店(http://www.whitetaiyaki.com/)のはなかなか美味しいんです。
前にスーパーの出店で買ったのはいまいちだったけど…。

 時々、「普通のたい焼きの方が好き」という人も多いんですけど、白いたい焼きは普通のたい焼きとは別物だな、って思いますね。

 モチモチ好きの我が家としてはすごくはまっています。

 夫は白餡が気に入っているみたいですけど、わたしは案外、カスタードクリームや期間限定で販売していた桃クリームとか、洋風のが美味しかったように思います。

 で、なんとか、白いたい焼き、家で作れないかな、と思ったんですけど、何が入っているのかもよくわからないし、ちょっと難しいかな、と思っていたらミックス粉発見。
買ってみましたが、我が家にはたい焼き型がないので、とりあえず餡子巻き風にしてみました。
どうせ、たい焼きとは別物なんだから、形にこだわることはないかな、と思って巻いてみたんですけど、これでも十分でした。
お店のほどふんわり感はなかったけど、モチモチ感はばっちりで、わたし好みの味でした。
また時々作ろうと思います!!



posted by ♪Sunny at 15:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 食べ物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月26日

エコ商品(?)「しがじゃが」

09_08_25a.jpg

 今年初めて買いました。「しがじゃが」、発売されて3年目になるそうです。
この商品は「カルビー」の湖南工場である、カルビー湖南が2007年より始めた、「滋賀県でポテトチップス用のじゃがいもを生産し、商品化して地元の方に食べていただく」という、地産地消の取り組みだそうです。
地元で収穫したじゃがいもを地元で使用することで、原料の輸送距離がこれまでより大幅に短縮され、品質劣化も抑えることができ、約16tのCO2排出削減効果が得られたそうです。
すごいですよね!!
この取り組みは、2009年2月の「ストップ温暖化『一村一品』大作戦」全国大会(環境省主催)で審査委員特別賞「エコロジスティクス賞」を受賞したそうです。

 身近なところでこういう取り組みがなされていることを今まで全然知りませんでした。

 この「しがじゃが」、大きな店舗ではすぐに売り切れたのか、家の近くの平和堂では見かけなかったのですが(「しがじゃが」は平和堂限定販売だとか?)、今日、家庭集会で行った地域のフレンドマート(平和堂の小規模店舗?)で見かけたので、思わず買ってしまいました。

 滋賀県のじゃがいもが美味しいのかどうかは知りませんが、地場産物の消費にもなり、地球温暖化の防止にも協力できるという商品、これからも積極的に買っていきたいな、と思います。
posted by ♪Sunny at 00:07| Comment(2) | TrackBack(0) | 食べ物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月15日

食べかけで失礼します!

08_10_14.jpg

 お菓子みたいにきれいな写真でないうえに、食べかけですみません。
写真を撮ろうとカメラを取りに行っている間にエルが食べ始めてしまったもので…。

 土曜日にたこ焼きをしたんですが、生地と具が少し余ってしまったのですが、たこ焼きプレートを出すのが面倒なので、昨日、フライパンで焼いてみました。
 これがエルの気に入って「今日も作って〜」というのでおやつに作りました。
 タコはなくなってしまったので、竹輪、味付けこんにゃく、天かす、チーズが入っています。ネギとか、入れても良いのですが、エルがあまり好きでないので、入れていません。
 名づけてたこ焼きオムレツ。
結構いけます
posted by ♪Sunny at 00:58| Comment(2) | TrackBack(0) | 食べ物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月18日

期間限定のお菓子

 エンゼルマークでおなじみの森永製菓の9月の新商品のモニター募集、ってことだったので、早速秋の新商品を試してみました。

 わたしが食べたのは「和栗のプチモンブラン」
やっぱり期間限定って言葉には弱いですね。

morinaga-waguri.jpg

商品説明として、

幅広い世代から人気を集めるスイーツ、モンブラン。
その味や見た目をイメージしたお菓子が、期間限定で登場です!
サクサクのビスケットにホワイトクリームをのせ、
国産和栗を使用したチョコレートをデコレート。
定番スイーツを手軽に楽しめる、一口チョコレートです。


と書かれていました。
栗には目がないわたし。
丁度、買い物に行った折に秋のお菓子のディスプレーで山積みになっていたので、買ってみました。

 で、お味は?美味しかったですよ。
でも栗…?
なんだかちょっとカフェ・オ・レっぽい感じの味がしたような気もします。
栗と言えば栗の感じもするけど…。
いずれにしても秋を感じさせる味わいで、重たくなく、飽きのこない味でした。
夫がとても気に入って、放っておくと全部食べてしまいそうでしたので、途中で取り上げました(笑)
ビスケットの部分には少し全粒粉が使われているのかな?箱をよく見ればよかった。
ビスケットはざっくりした感じで美味しかったです。
常温で置いておくと案外すぐに柔らかくなってしまったので冷蔵庫で保存。冷たくして食べたほうが美味しかったです。

 森永は、初代の社長・森永太一郎さんがクリスチャンだったこともあって、なんとなく親しみが持てるメーカーですね。

 あと、チョコパイはいろんなところから出ていますが、わたしはやっぱり、「エンゼルパイ」が一番好きです。
 そのエンゼルパイ(エンゼルパイミニも)もハロウィンバージョンのパッケージが出ているようです。

morinaga-enzeru-1.jpg  morinaga-enzeru.jpg

 そういえば、エンゼルパイが食べたくなってきました。
明日探して買ってこよう(^^)


おいしく たのしく すこやかに 森永製菓

森永製菓の新製品をCHECKして菓子詰合せをGET!
posted by ♪Sunny at 22:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 食べ物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月09日

秋と言えば…

 皆さんは秋と聞いて何を連想されるでしょうか…。

 芸術、スポーツ、色々ジャンルはあると思うのですが、やっぱ秋と言えば美味しいものが多い季節ですよね。
 我が家では今までお米にはあまりこだわっていなかったんです。
いや、まったくこだわりがない訳ではなかったのですが、少しでも安く…というけちけち根性が働いてしまっていたんです。

 でもことし、ふと、立ち止まって考えてみました。
安いお米と高いお米の差額って、家族が1回外食するより安いんじゃないの?
 それなら、外食を減らして家でおいしいお米を食べよう…そう思って思い切って買いました。近江米のコシヒカリの新米!!

 滋賀のお米は近江米と言って昔から有名なんですよ。
近年は様々な環境こだわり米も販売されています。

 わくわくしながらたいた近江の新米コシヒカリ。やっぱり美味しかったですよ!!
しばらくは麦を入れないで、新米を味わおう、と思っています。
昨日のお昼は、夫も留守だったので、新米の白御飯に大好きなみょうがのきんぴらをのせて食べました。
日本に生まれた幸せを感じましたよ。



 こちらは、環境こだわり米のコシヒカリ10kgのリンクですが、下のバナーのお店、木村商店さんでは色んな種類のお米の玄米も白米も取り扱っておられます。



タグ:滋賀 グルメ
posted by ♪Sunny at 12:46| Comment(2) | TrackBack(0) | 食べ物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月06日

どうにも止まらない

 最近、ハマっているお菓子があります。
自分が作って美味しいと思うのは色々ありますが、これは市販のお菓子です。

 それは明治製菓の「コパン」バターソルト味

 見た目はカリカリのパン。言ってみればラスクみたいなものなんですけれど、ラスクのように甘くなく、ほんのり塩味です。

 他に「メイプルシュガー味」と「イタリアンピザ味」があるようですが、買ったことはありません。
多分買うことはないと思います。それくらい「バターソルト味」にはまっています。

 ポテトチップスほど塩からくなく、ほんのり塩味ってところと、バター風味っていうのがとても気に入っています。
パンにバター、シンプルだけど、最高の取り合わせだと思います。

 エルが最初に「食べたい」と言って買ったのですが、今わたしの方がハマってしまって「どうにも止まらない」って状態です。

 別にわざわざ買って食べて下さいとは言わないけれど、通りがかりに見かけたら、一度試してみてください。



posted by ♪Sunny at 23:59| Comment(2) | TrackBack(0) | 食べ物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月24日

美味しい頂き物

 今日(23日)、お客様が来られたんですけど、手土産にとってもいいものを下さいました。
 同業者なので、わたしも結構忙しい、ということをご存じで、そういうわたしの助けにもなって美味しい、ということで、持ってきて下さったのです。
パッケージを見てピンときましたexclamation
実家にいたころから、何度かいただいたことがあるものでしたから。

 それは、加賀麩不室屋さんの「ふやき御汁・宝の麩」
最中の皮のような麩にインスタントのおすましやお味噌汁が入っているもの。
この、最中の皮のような麩に御汁粉が入った懐中汁粉というのは、色々な和菓子屋さんから出ていますが、これはさしづめ懐中おすまし・懐中味噌汁といったところでしょうか。
わたしはこの最中の皮のような麩がふやけた感じが大好き。
中のおつゆも、不室屋さんのは上品でおいしいのです。
 忙しい時には簡単なおかずでも汁物が一品あるのとないのとでは大違い。それがちょっとおしゃれで美味しいおつゆだとなお嬉しい。

 お値段も手ごろだし、贈られる方も贈られる方も嬉しい一品かも。

 いずれにしてもこれからしばらくは、この「ふやき御汁・宝の麩」が食卓を彩ってくれます。

  
posted by ♪Sunny at 01:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 食べ物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月08日

もらっちゃった!

 以前お土産でもらって一口だけ食べて、「また食べたい!」と思っていたのがロイズのポテトチップチョコレート。

 厚切りでざっくりしたポテトとチョコレートがベストマッチ!
似たようなお菓子をコンビニで買ったけれど、ポテトの存在感がいまいちだったんだけど、やっぱりこれはおいしかったです。

 ロイズのチョコレートは文句なくおいしい、と改めて思いました。
北海道のお気に入りが、また増えちゃいました!!わーい(嬉しい顔)


posted by ♪Sunny at 00:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 食べ物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月16日

北海道の美味しいお菓子

 今日、賞味期限の切れたマルセイ(六花亭)の「バターサンド」を食べながら、グイドが「『白い恋人』も大打撃だねぇ」と言い出したので、そうそう…と思いだしました。
北海道のお土産人気No.1の「白い恋人」が賞味期限を意図的に延長して販売していたとか。
 わたしは「白い恋人」は嫌いではないしいただいたら食べるけど、自分では絶対に買って食べることはないお菓子なので、それほど残念でもないけれど、全国に根強いファンのいるこのお菓子、販売が当面一的とはいえ停止されて残念に思っている人も多いはず。
 グイドと「消費者が買ってから賞味期限が切れたのを食べるのは勝手だけれど、販売する方がそれをやっちゃだめだよね〜」と話しました。ちなみに、「バターサンド」冷蔵庫に入れていましたが、賞味期限が切れて2週間経っていました。
全然どうもなっていませんでしたよ。でも、だからと言ってこれを売ってはいけない訳です。そんなことは当たり前のことですけれど。
 まあ、これを機会に、よかったら我が家推奨の北海道のお菓子をお試しいただければと思います。

「マルセイバターサンド」


「三方六」


「ロイズ ピュアチョコ クリーミーミルク&ホワイト」

「ロイズ ピュアチョコ キャラメルミルク&クリーミーホワイト」


他にもロイズは生チョコ、ポテトチップチョコレート、マシュマロチョコレート、ナッティーバー、など、おすすめ商品が目白押しです。

posted by ♪Sunny at 20:46| Comment(2) | TrackBack(0) | 食べ物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月12日

SOYJOY

 今日、「SOYJOY」というものを食べてみました。
大塚製薬の商品で、以前の「カロリーメイト」に変わる商品かと思ったのですが、「カロリーメイト」も、継続して販売しているようで、今月には新商品も出たとか。
それはともかく、「カロリーメイト」はマーガリンを使用していて、健康志向の人からは不評をかっていたのですが(トランスファットの問題)、「SOYJOY」はその点バターを使用しています。
敢えて試してみたのは、CMで「大豆粉」を使っていること、さらにそれが食べてもわからないと言う点が強調されていたから。
大豆粉ってわたしのイメージでは「黄な粉」
「そりゃ食べたらわかるでしょ」
と思っていたのですが、食べてみたら、黄な粉っぽさはまったくなくて、確かに言われなければ「大豆からできている」とは思わないかも。
ということで、小腹のすいた時にはちょっと便利かも、などと思ったわたしでした。
カロリーメイトフルーツ味も結構好きだったんですが、ボソボソしているのが難点だったのですが、これはボソボソしていないのも気に入りました。
もうちょっと安いとなお良いのですが。
(まとめて買うとちょっと安くなるようですが…)





posted by ♪Sunny at 00:57| Comment(2) | TrackBack(0) | 食べ物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月14日

牡蠣三昧!

 美味しい牡蠣発見!
いやあ、サロマ湖の牡蠣が美味しいのは前から知っていたけどさ。
前に取り寄せた時は殻(貝)付だったから大変だったけど、今度は剥き身のがあって、調理しやすかったし、剥き身でもちゃんと生食もできるものを送ってくださるので、ホントによかった!

 サロマ湖の牡蠣は、クリーミィーで、生臭味がなく、貝柱も大きくて、すっごく美味しい!
広島などの牡蠣より小さ目らしいけど、味が凝縮されているので満足度も高いし、牡蠣嫌いの人も絶対一度食べてみる価値はあると思うな〜。
 もともと牡蠣嫌いで、生牡蠣(酢牡蠣)なんて、普段は絶対食べないわたしでも食べられちゃったもん。

 色々調べたけど、剥き身で生食できるものってあまり出ていないみたい。
わたしが買ったのはこちらのお店。



posted by ♪Sunny at 10:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 食べ物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月13日

果物色々・・・

 今年は、果物をたくさんいただいた。


 無花果はコンポートとジャムにした。
コンポートとジャムでは全然味わいが違う。
どちらもカスピ海ヨーグルトといただいているけど、どちらも違った味わいで美味しい。


 栗は、焼き栗と茹で栗、そして甘露煮にした。
特に、甘露煮は焼きミョウバンを入れたことで、ほとんど煮崩れもなく、美味しくできた。


 あと、巨峰をたくさんいただいたので、ジャムにしてみた。
しかしこれは、どこまで煮詰めたものか・・・。
今のところ、ジャムと言うよりはちょっとソースみたいな感じ。
味は、美味しいと思う。
とにかくぶどうが甘かったので、砂糖は書いてあった量に比べるとほんの少ししか入れていない。
とは言え、裏ごしして、種と皮と、どうしても越しきれなかった繊維質を除いたら随分減ってしまったけれど。
そこから更に煮詰めたので、1キロの葡萄は、大き目の瓶一瓶に。
本当は少しペクチンなどを足すといいのだろうけれど・・・。
明日の朝、これでヨーグルトを食べるのが楽しみ。


 今年はコープで、紅玉を買ってみた。酸味があって美味しい!
フライパンで簡単焼きりんごにしてみた。
本当に美味しい。
 今度は小玉の少し安いのをまとめ買いして、アップルパイも作ってみよう。
そういえば、冷凍のパイシートもまだ残っているし・・・。
 アップルケーキも焼きたいな・・・。
 この前見つけたレシピ、サワークリーム入りのりんごと紅茶のケーキも美味しそうだったなー。


 自分で言うのもなんだけど、最近結構、お菓子、特にケーキ作りに関してはそこそこイケてるんじゃないか、という気がしている。
ていうか、自分の好みに合わせて作るから、自分の作ったケーキが一番美味しいと思うんだよね〜。
 そういえばこの前作ったバナナ&ピーナツバターケーキもなかなかよい出来だったしねぇ。
まだまだ作りたいケーキは色々あるから楽しみは尽きない。


 あ〜、食事の量を減らさないと、この調子でたべていたら、せっかく夏に落とした体重が、元に戻ってしまう・・・。




追伸≪10月15日記≫
 葡萄ジャム、美味しくできていました。
冷蔵庫に入れて冷やすと、結構トロリとした感じになりました。
お砂糖をもっと入れていたらもっとドロッとした感じになるのかもしれません。
でも、ヨーグルトに入れて食べるには丁度良い感じです。
posted by ♪Sunny at 20:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 食べ物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

果物色々・・・

 今年は、果物をたくさんいただいた。


 無花果はコンポートとジャムにした。
コンポートとジャムでは全然味わいが違う。
どちらもカスピ海ヨーグルトといただいているけど、どちらも違った味わいで美味しい。


 栗は、焼き栗と茹で栗、そして甘露煮にした。
特に、甘露煮は焼きミョウバンを入れたことで、ほとんど煮崩れもなく、美味しくできた。


 あと、巨峰をたくさんいただいたので、ジャムにしてみた。
しかしこれは、どこまで煮詰めたものか・・・。
今のところ、ジャムと言うよりはちょっとソースみたいな感じ。
味は、美味しいと思う。
とにかくぶどうが甘かったので、砂糖は書いてあった量に比べるとほんの少ししか入れていない。
とは言え、裏ごしして、種と皮と、どうしても越しきれなかった繊維質を除いたら随分減ってしまったけれど。
そこから更に煮詰めたので、1キロの葡萄は、大き目の瓶一瓶に。
本当は少しペクチンなどを足すといいのだろうけれど・・・。
明日の朝、これでヨーグルトを食べるのが楽しみ。


 今年はコープで、紅玉を買ってみた。酸味があって美味しい!
フライパンで簡単焼きりんごにしてみた。
本当に美味しい。
 今度は小玉の少し安いのをまとめ買いして、アップルパイも作ってみよう。
そういえば、冷凍のパイシートもまだ残っているし・・・。
 アップルケーキも焼きたいな・・・。
 この前見つけたレシピ、サワークリーム入りのりんごと紅茶のケーキも美味しそうだったなー。


 自分で言うのもなんだけど、最近結構、お菓子、特にケーキ作りに関してはそこそこイケてるんじゃないか、という気がしている。
ていうか、自分の好みに合わせて作るから、自分の作ったケーキが一番美味しいと思うんだよね〜。
 そういえばこの前作ったバナナ&ピーナツバターケーキもなかなかよい出来だったしねぇ。
まだまだ作りたいケーキは色々あるから楽しみは尽きない。


 あ〜、食事の量を減らさないと、この調子でたべていたら、せっかく夏に落とした体重が、元に戻ってしまう・・・。




追伸≪10月15日記≫
 葡萄ジャム、美味しくできていました。
冷蔵庫に入れて冷やすと、結構トロリとした感じになりました。
お砂糖をもっと入れていたらもっとドロッとした感じになるのかもしれません。
でも、ヨーグルトに入れて食べるには丁度良い感じです。
posted by ♪Sunny at 20:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 食べ物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月03日

わたしのお気に入り≪京都編≫

 わたしのお気に入り、それは「半兵衛麩」の麩饅頭。
生麩の皮の中に上品なさらし餡が入っているのだけど、これがもう何物にも代え難く美味しい。
多分、いくつでも食べていいといわれたら10個は平気で食べられる。いや、もっと食べられるだろう。
でも、もったいなくてそんなことをしたことがない。
 もともとは、子供の頃から錦市場の「麩嘉」の麩饅頭を食べていたのだけど、これはこれでかなりおいしい。これしか知らない時はこれが世界一好きな食べ物だった。
でも、たまたま姉が「半兵衛麩」のを買ってきてから、こちらが大好物になった。
 季節ごとの、果物や野菜をかたどったものもあって、こちらは白味噌餡が入っている。でもちょっと値段はお高い。
春の季節にしかない桜麩饅頭は、何より何より大好き。
 「半兵衛麩」は、お昼時だけ、「むしやしない」という麩料理を提供していてお店で食べることができる。生麩、麩、湯葉などを中心としたお料理で、ミニ会席のような感じ。いや、それよりも懐石、という感じかな?
「むしやしない」と言うのは、京都の言葉で、ちょっと小腹がすいたときに「腹の虫を養う程度の食べ物」という意味だと思うのだけど(違っていたらごめんなさい)そのつもりで食べに行ったら、最後まで食べると結構しっかりお腹がふくれたので得をした気分だった。
 例年、わたしの誕生日に夫と食べにいくのだけど、今年はお財布が苦しくてパス。ちょっと残念。
とにかくわたしは、生麩、麩、湯葉が大好きなのだ。

 それからもうひとつ京都のお菓子で好きなのは「梅園」のみたらし団子。
 みたらし団子は、京都の下鴨神社が発祥の地と言われているけれど、わたしはまだ「加茂みたらし茶屋」のお団子は食べたことがない。これもたべてみたいとは思いつつ、わたしの知っている範囲ではとにかく「梅園」のみたらしが一番好き。
それもできたてより、ちょっとさめ加減のお団子がちょっと引き締まった感じのが実に美味。
これも10本やそこらは軽く食べられる。
といっても、コンビニなどで売っているのに比べると半分ぐらいの大きさだけど。
 生八つ橋も、好きなもののひとつ。あんこが入っているものではなくて、シンプルな生八つ橋が好き。
これも、好みはあるけど、麩饅頭やみたらし団子ほどこだわりはない。
とにかく好き。
 満月というお店の「阿闍梨餅(あじゃりもち)」 もかなり好き。
ちょっと餡が甘いかな、と思うけれど、皮が最高に美味しい。
「餅」といっても見た目は饅頭。でも食べたらもちっとしていて、やっぱり「餅」という感じ。
 東山の有名な茶店「文の助茶屋」もお気に入りの店のひとつだけれど、ここでは、甘酒とわらび餅がおいしい。ここも、ぜんざいはわたしにはちょっと甘すぎる。
 うーん、京都編、まだまだありそうな感じがするけど、とりあえず今日はこの辺で。
また、思い出してつれづれに書きたいと思います。 
posted by ♪Sunny at 10:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 食べ物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年02月28日

ねぎ焼き!

 他の方も紹介されていたけど、「ねぎ焼き」というのは、簡単に言うとねぎの一杯入ったお好み焼きのようなもの。しかし、そう一口で言ってしまうにはあまりにも奥の深い食べ物なのだ。
 もちろん「ねぎ焼き」といってもお店によって色々で、確かに、お好み焼きにねぎのたくさん入ったようなものもある。
 でも!わたしの「ねぎ焼き」は十三(大阪・じゅうそう)の「やまもと」のねぎ焼き。
 このお店はTVでも何度も紹介されているけど、一切店内に「○○(番組名)で紹介されました」などの表記はない。そんな宣伝は必要ないのだ。
 もちろん、製法はマル秘。小麦粉は、どうも「フラワー」ではなくもうワンランク上の「バイオレット」を使っているらしいことはわかっているのだが…。
 ここのねぎ焼きは、広島焼きのようにまず種を流して、その上に少なめのキャベツをパラリ、ねぎをドバッ!と載せ、また種をさっとかける。上から豚肉などのトッピング。もちろん、スジコン(牛スジとコンニャクを煮込んだもの)入りの「スジねぎ」は人気メニュー。
 頃合を見計らってひっくり返し焼き上げる。これでちゃんとまとまるの?というほど少ししか種をかけないのに、ちゃんとまとまっているところがすごい。
 仕上げに醤油を刷毛で塗り、レモンをさっと絞って出来上がり。
 あっさりとして絶妙の味!とろりとして、ふわりとして、なんともいえない味わいなのだ。これは食べた人でないとわからない。
 すごいのはお店の人。たいてい、夕方になると行列ができている。
 少し早め(6時より前)にいくと並ばずに食べられるけれど、それ以降の時間帯だと少し並ぶのは当たり前。7時過ぎくらいには長蛇の列。お店の人は、並んでいる人の分も注文をとる。「お待たせしてすみません。お先に注文、お聞きしときます〜」笑顔で聞かれ、何人分でも決してメモを取らない。並んでいるお客さん、次々に聞いていく。何組くらいだろう?そばで見ているわたしが心配になるくらい先のお客さんの分まで注文を聞く。聞き終わっても、決してメモしない。
 で、お客さんも心得たもので、この店で長居する人はほとんどいない(絶対いないとはいわないけど…)。カウンターだけのさほど大きくない店内はいつも人で一杯。それをお店の人は手際よく捌いていく。並んでいる人のほかに、店内で待っている人もいるけれど、順番を間違えられて文句をいっている人を見かけたことがない。
 そして、ようやく順番が来て、席についたころには、ほとんど待たずに注文した品が目の前に出てくる。この品物が、間違っているのも見たことがない。
 お客さんの顔と注文と順番が見事に暗記されている。これぞ接客のプロ!と思わされる。
 メニューには「豚ねぎ」「肉ねぎ」「スジねぎ」などのねぎ焼きのほかに「豚玉」「肉玉」など普通のお好み焼きもあるけど、ほとんどのお客さんは「ねぎ焼き」を注文する。もちろんいかや、季節ものの牡蠣などもある。「豚、肉、スジ」の入った「デラックスねぎ焼き」通称「デラねぎ」も人気。ここの焼きそばも美味しい。関西風にちょっぴりマヨネーズが入っているのがミソ。もちろんトンペイ焼きなどのサイドメニューもある。
 何年前か忘れたけど、同じ十三界隈に2号店ができた。店舗を広げたりすると味が落ちる店がたまにあるけど、ここはご家族でやっているせいか、味に変わりない。
 しかし、とにかくここのねぎ焼きは、絶対に素人にはまねのできない、独特のねぎ焼き。ここで食べるしかない。


 そこで、我が家の「ねぎ焼き」をご紹介。
「ねぎ焼き」というよりも、我が家では「とろろ焼き」と呼んでいるけど。
 レシピを紹介しなければならないのだけど、これが実にアバウトでレシピと呼べるほどのものではない。
 ベースはとろろ芋。
ヤマト芋、とか山芋とかいう、拳骨の大きいようなごつごつした丸いのか、本物の自然薯が手に入れば言うことはない。ただ、この場合、少し粘りがありすぎて硬すぎることがあるので、その場合は出汁か水で少しのばす(水の場合は、ほんの少し化学調味料を入れると良い)。長いもしか手にはいらなかったら、それだけでは少しゆるすぎるので、少し小麦粉かお好み焼き粉を足す。
そう、山芋や自然薯の場合は小麦粉を入れない。
 ここに刻んだキャベツとねぎをしこたま入れる。我が家ではちくわのみじん切りも入れたりする。分量は適当に、見た目でお好み焼きの種ぐらいの感じになればよい。
 で、これを油を引いて熱した鉄板に適宜載せる。上から、粉かつお(花かつおではなく、粉状のものがよい)と干し桜海老をトッピング。上から豚バラ肉を載せる。あまり強くない火でじっくり焼いてひっくり返すのだけど、このとき、結構、種がゆるいのでお余り大きくしないほうがいいかも。
ひっくり返してからは軽く抑える。種がゆるくてふわふわなので、結構しっかり抑えても硬くなったりしないでふんわり仕上がる。
 もう一度ひっくり返してトッピングの方を上にして、レモン醤油を刷毛で塗り、取り分けた皿の上で、好みに応じてマヨネーズをつけて食べる。
 以上が我が家の「とろろ焼き」。ほとんど野菜ばかりで、軽くてヘルシーなのはいいのだけど、食べ過ぎるのが玉にキズ。とはいえ、少々たべても、しばらくたてば「どこに食べたっけ?」というほど、胸にもたれない。
 お好みで、トッピングや味付けを工夫されるのもいいと思うけど、まずはシンプルなのを一度味わってもらいたい、と思う次第。


 ところで、この際の「ねぎ」について一言。
 関西では「ねぎ」というと「青ねぎ」のこと。だから、この場合、入れるのは「青ねぎ」。もし、普通の青ねぎがなければ「わけぎ」か「万能ねぎ」で代用。どうしても「浅葱(あさつき)」しかないなら、浅葱は細いので少し荒めに切ること。白ねぎ(長ねぎ)では関西風のねぎ焼きにはならないのでご注意。


 ついでに、関西・関東の「肉」文化の違いについても一言。
 最近は、「牛丼」屋さんの一般化や、コンビニでの「肉まん」販売の実績のおかげで、多少、その感覚が薄くなっているけど、もともと、関西で「肉」というと「牛肉」、関東では「豚肉」のこと。
 だから「やまもと」でも、「豚ねぎ」というのに対して「牛ねぎ」といわずに「肉ねぎ」という。
 わたしは昔、関東の友人に、「神戸に美味しい豚まんの店がある」と言って、大笑いされた。「豚の形でもしてるのかと思った」とのことだった。でも、ウチの父などは、「肉まん」と言うと「牛が入っているのかと思う」と言っていた。
 肉じゃがも、関西では牛肉が一般的なのに対して、関東では豚肉が入っているのが一般的。これも、関東の友達がびっくりしていたことがある。
 大体関西では「肉(ぎゅうにく)」以外は「豚肉」「かしわ(鶏肉)」などと言い分けるので、「しゃぶしゃぶ!お肉食べ放題1980円!!」などと書いた店で、豚など、牛以外の肉が出てくると「だまされた!」って気になる。
 ただし、さっきも書いたように、文化の流通によってこの感覚も薄れつつある。ちょっぴり残念な現象だ。


 余談が長くなった。何はともあれ、我が家風「とろろ焼き」お試しあれ!
posted by ♪Sunny at 17:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 食べ物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年01月28日

酸菜湯麺

そんな、メニューがあるのかどうか、わたしは知らない。
勝手に名づけただけ。
先日東京で、さんざん迷った挙句に入った渋谷のラーメン屋さんで発明した、「湯麺」の美味しい食べ方。
お店で頼んだのは湯麺(タンメン)。
でも、中華では「湯麺」といっても色々あるのよね。で、わたしが頼んだのは、言ってみれば「菜湯麺」かな、と。タンメンとしては一般的だと思うけど、野菜がどばっとのっかってるヤツ。
普段は、めったに「湯麺」なんか頼まないんだけど、なんとなく、ふと「野菜食べなくちゃ」と思って、東京で入った安いラーメン屋さんで頼んだ。
とにかくその店は安いのだ。
普通のラーメン1杯390円(税抜き)
湯麺でも490円。普通、なかなかその値段ではないよね?
安いから、この際「湯麺」にしようと注文してみた。
一口食べて、なぜか、「酢」が合うのでは?と思った。
もともとお酢が好きで、あんかけ焼きそばにも、ドボドボかける。
中華のスープには酢が入ってるものも結構あるし、そんな、変でもないかも、と思い試してみた。
で、最初はちょっと酢をかけてみた。
ん?案外いける!
で、ドボドボとかけた。
メッチャ美味しいやん!
すっかりはまってしまった。
普段わたしはラーメンの汁は飲まない。
しょっぱいものが苦手なのだ。
○クドナルドのポテトとか、嫌いじゃないのだけど、最近食べると舌が痛くなるようになってしまった。しょっぱいものを食べると、喉も渇くし。たぶん持病のせいで唾液が人より少ないことと関係があるのかもしれない。そういうこともあって、普段はラーメンの汁はめったに飲まない。
そのわたしが、半分くらいは汁を飲んだ。
お酢のおかげでさっぱりいただけた。
後半はちょっとラー油も入れてみた。
これも美味しい。
「酸辣湯麺」ってメニューはどこかで見た気がするので、そんな感じかな?
きっと、メニューの幅広い中華では「酸菜湯麺」なんていうメニューがあるかもしれない。
でも、わたしは知らなかった。
自分で思いついてやってみたの。だからわたしにとっては「発明」。
でもまあ、きっと、あるだろうから、オリジナルとはいえないだろうな、うん。
認めるけど、とにかく美味しかった。
お酢が好きな人は試してみたらいかが?
posted by ♪Sunny at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 食べ物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。