2007年12月30日

映画「マリア」とクリスマスについて

 初めてこの映画の話を聞いた時は「何で『マリア』?」と思ったのが正直なところです。
「マリア」をとり上げると言うと、どうしてもカトリック的な「聖母」のイメージを連想してしまったので。
 しかしこの映画は全く違っていました。むしろものすごく人間的なマリアが描かれていました。
むしろヨセフの方がすごく良くできた人であったように思います。
 この映画を見ると、当時のユダヤ教徒の習慣も良くわかります。わたし自身、当時の婚約は結婚と同じ意味、と教えられましたが、この映画でも、婚約と言っても、「今日からあなた方は夫婦だけれどマリアはなお1年間両親と共に過ごし、ヨセフは1年後に迎えにくる、それまで子供を作る行為をしてはいけない」とい両親から二人に伝えられるところがありました。マリアが、結婚前に身ごもったことがどれほど重大な意味があるか、というのがすんなり理解できます。

 マリアとヨセフの物語と並行して、3人の博士たちの物語が挿入されます。
マリアとヨセフが婚約したころから、3人の博士たちが、星の変化に気付き、預言の成就が近いことを知って旅に出るくだりは、どちらかというと地味なこの物語のスパイスのような存在で、クスリと笑えるような部分もあり、よい効果をもたらしていました。
 実は、この3人の博士たちは、いつどこで「黄金・乳香・没薬」をささげたのか、ということに関して、さまざまな解釈があります。羊飼いたちと同様、馬小屋に現れたという説と、イエスが生まれてから数日後、あるいは数ケ月後、あるいはもっと後、などなど…。
この映画では、博士たちは生まれる前から星の異変に気がついて、旅に出るので、ちょうど生まれた日、羊飼いたちの後に家畜小屋にたどり着きます。
この映画の表現は非常にすんなりと無理がなく、博士たちが家畜小屋で捧げものをしたことが受け入れられるものでした。
とは言え、クリスマスの出来事に関しては、聖書にも諸解釈があり、難しいところなのですが。

 欧米、特にヨーロッパでは、クリスマスを1月6日まで祝う習慣があります。
それは、ローマ教会(カトリック)が12月25日をクリスマス(キリストの誕生を祝う日)としたのに対して、東方教会は1月6日をクリスマスとしましたので、その中を取って、その12日間をクリスマスシーズンとして祝うようになったようです。
また12月25日がクリスマスとして定着してから、1月6日は東方の博士がイエスを礼拝した日として「顕現祭(エピファニー)」として定着しているようです。(もともと1月6日はイエスのバプテスマ(洗礼)の日として祝われていたのですが、諸経緯があってキリストの誕生を祝う日となっていったようです)
そういう習慣は徐々に日本でも受け入れられつつあり、最近では、日本でも特にクリスチャンの間に「1月6日までクリスマス」という人が増えてきたように思います。
ただ、いずれにしても、12月25日や1月6日がキリストの誕生日であるという根拠はなく、12月25日をクリスマスとする説も、1月6日をクリスマスとする説も実はもともと異教の祭を取り込んで、キリスト教的意義を与えたものです。もともと異教の祭りだったということで、伝統的なキリスト教の宗派の中には以前はクリスマスを祝わなかった宗派もあったと聞いていますし、各家を訪問して伝道することで有名なキリスト教からは異端と言われている方々もクリスマスは祝わないそうです。
 しかしわたしは、もとは異教の祭であっても、そこにキリスト教的意義を与えて、キリストの受肉を感謝する(それ以上の深い意味がありますが)この祭を、心から祝いたいと思っています。
そういう意味では、クリスチャンにとってクリスマスとは、イエス・キリストが人々の罪を購うために、肉体を取ってこの世に来て下さったことを感謝する記念日という、意味こそが大切なのであって、12月25日であっても1月6日であっても良いのではないか、とわたしは思います。また敢えてヨーロッパに習って12月25日から1月6日までである必要もないのかもしれません。もちろん、12月25日から1月6日までお祝いしても良いと思いますが。
むしろ極端にいえば1年中クリスマスの意味を覚えて過ごすべきでしょうし、イースターのことだって1年中感謝していてよいのかもしれません。ただ、こうして、世界的に12月25日がクリスマスとして定着していることは、一つの大きな証しであると思って感謝しています。

 ついでに、クリスマス・イブについても触れておきますが、12月25日がクリスマスのはずなのに、多くの場合、クリスマス・イブと言って24日にお祝いします。
この「イブ」ということばがなぜか「前日」という意味だと誤解されているところがあるようで、「前々日」のことを「イブ・イブ」なんて言うことがありますが、「イブ」というのは実は「イブニング」のことです。それを知っていれば「イブ・イブ」などという言葉が非常におかしな言葉だという言葉だということがわかりますよね。
 ユダヤの1日の数え方は、日没から日没まで。ですから、今の日時の感覚でいえば、24日の日没から25日の日没までがクリスマスなのです。25日は日が沈んだらもうクリスマスではありませんので、クリスマスの夜(クリスマス・イブニング=クリスマス・イブ)、と言えば24日ということになる訳です。

 さて、話を映画「マリア」に戻しますが、この映画で最も印象に残ったのは、ベツレヘムにたどり着く直前にマリアとヨセフがであった羊飼いのセリフと、その羊飼いがイエス様を礼拝しにやってきた時にマリアがその羊飼いに言ったセリフでした。
そのシーンでは、希望以外に何物も持っていなかった(与えられていなかった)羊飼いたちに、与えられた素晴らしいGift。すべての人々のために与えられた最高のプレゼント。それがイエス様であると、改めて心に迫ってきました。
これらのセリフによってイエス・キリストは、全世界の人々への最も素晴らしいChristmasのGiftであると、この映画は伝えようとしているのではないか、と思ったのでした。

 またそのほかに印象に残ったのは、最初、親の決めた婚約者であるヨセフを結婚相手として、それほど喜んでいたとは思えないマリアが、ヨセフも預言を受けて身ごもった自分を受け入れてくれたころから、徐々に心が通い始め、ベツレヘムへの旅を通して信頼関係を深めていくところでした。とても素敵なドラマになっていたと思います。
まだ幼さの残るマリアが女性として成長していくその家庭が短い時間に、見事に凝縮されていたように思います。

 映画を見ながら、わたしが神学生時代に書いたあるレポートのことを思い出しました。
そのレポートは、良い点数を貰ったこともあって、今でも時折参考にすることのあるものですが、その一部にイエスの母マリアについて取り上げました。
今回、映画を見て、さらにそのレポートに書いたマリア像が膨らんだ気がしました。
posted by ♪Sunny at 02:26| Comment(2) | TrackBack(1) | 外国映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ふむふむ・・と思いながら拝見しました。

私は、単に「25日でクリスマスが終りなんてなあ」という気持ちで一月六日までクリスマスの飾りを残しておくのですが・・。

引っ越すまで通っていた教会は、「教会では一年中がクリスマスですよ」と、アドヴェント期間も特にクリスマスのメッセージが語られるわけでもなく、クリスマスの飾りもないところでしたから、ちょっと寂しかったです。

博士たちの到着にそんなに色々な説があるとは存じませんでした。

最近、あるメシヤニックジューの神学者の方の講義テープを聴く機会があったのですが、到着はイエス様が二歳ごろのことで、博士の人数も、エルサレムの住民の話題になったくらいだから20人くらいいたのでは・・とおっしゃっていました。

去年子供のために買った絵本に、二歳くらいのイエス様に博士が贈り物をささげている絵があって、うちの子も去年は二歳でしたから、「Sちゃんと同じくらいの頃だよ」と話してしまいました(笑)。
Posted by ceci at 2007年12月30日 13:40
★ceciさん
そうですよね〜、12月25日でクリスマスが終わり、飾り付けも終わり、って淋しいですよね〜(^^)
だからわたしも実は、HPの扉など、1月6日までクリスマスバージョンにしておこうと思っております(人ごとのように書きましたが…(^_^;))。

博士たちの訪問が2歳ごろとの説は、ヘロデが2歳以下の子供たちを殺すように命令したこと、また、博士たちが拝んだのは「幼子」であることなどと関係があると、読んだことがあります。
博士訪問の時期に関する様々な説は、それぞれに聖書の解釈によるもので、わたし自身は、そのどれも明白に否定することも肯定することもできかねています。今年は何人もの友人が「1月6日まで」と言及していたので、わたしも触れてみたのですが、実際のところそれほどこだわりを持っている訳ではありません。
これに関しても、実際の時期よりも、むしろその意味や、そこで教えられていることが大切だと受け止めています。

博士の人数も、贈り物が3種類だったことから、一般に3人の博士といわれていますが、聖書では人数に関して言及されていないんですよね。
イエス様が生まれたのも「家畜小屋」だったのですが、よく「馬小屋」と表現されています。
人の思い込みって面白いですね。
まあ、「伝承」も含まれているのでしょうが…。

「Sちゃんと同じくらいの頃」…Sちゃん、イエス様のストーリーに親しみが持てたでしょうね(^^)
Posted by ♪Sunny at 2007年12月31日 00:08
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

イエスの母マリヤ(主にマルコの福音書とルカの福音書よりの考察)
Excerpt:  学生時代に書いたレポートの一部です。 映画「マリア」を見て、このレポートのことを思い出しましたので、懐かしくひっぱりだしました。 書いたのは、1990年の初めごろだと思います。 -------..
Weblog: ♪Sunnyのもの想い
Tracked: 2007-12-30 02:49