2007年04月28日

夢の通り道−「New Attitude」を観て−

「夢の向こう側とこちら側」
そんなことを思いながら観ていた。
New Attitude Produceによる「New Attitude」というミュージカル。
 代表はわたしが高校のときに通っていた劇団の養成所で同期だった佐竹毅氏。
作品は佐竹氏の脚本・演出・振り付け・作詞・作曲・編曲。もちろん佐竹氏自身も出演している。
案内は、演劇学校時代同期の堀米聰氏から貰った。
佐竹氏と堀米氏は、劇団四季で同期だった。

 実は、わたしは演劇学校時代からの聰のファン。
と言っても、演劇学校時代は、わたしは聰とはそんなに仲が良かったわけじゃない。彼は真面目で、わたしは飲んだくれだった(笑)せいもあって、あまり一緒に遊ぶことはなかった。こつこつまじめに努力していた彼に、入学した頃はバレエのステップを教えてあげていたのに、卒業する頃には「聰くーん、教えてー」と立場が逆転していたっけ。
彼が劇団四季にいた時代は、わたしは見ていなくて(TVで彼が主演した「ユタと不思議な仲間たち」を見た事があるけど)劇団四季をやめてから、案内を貰うようになって(それまで案内をくれなかったんだもん)見に行くようになった。
親しくなったのは、それよりもさらにあとで、ここ10年ちょっとのことだ。
と言っても聰は東京在住だし、そう接点があるわけでもないし、結婚してからはゆっくりご飯を食べる時間もなくなってしまったけれど。
 とにかく、聰は良いヤツ。
彼のステージは、ものすごく律儀で行儀がよく、見ていて気持ちがよく、まさしく彼の人柄が現れている。
もう少し崩れた魅力も見てみたい気がするけれど、その律儀さがまた聰らしいのだとも思う。ダンスはクラシックの基礎がバッチリで、端正。それに声がよくて歌が上手い。
今回の役は、後半しか出てこなくて、後半の狂言回し的な役立ったのだけれど、それでも出番が少なくて、ちょっと物足りない。わざわざ東京から呼んでいるのにもったいない、と思ってしまった。
ま、若者が中心の舞台だったから、しかたがないのだろうけど。

 舞台は、ダンサーを目指す若者の集まるダンススクール。
そこでの、生徒達と教師達とのドラマ。
ちょっと「コーラスライン」を思わせるシチュエーションもあったりする、熱いステージだった。
夢を追いかけて、挫折しそうになったり、また立ち上がったりする青年達の群像…。
舞台の上には、「あの日」のわたしがいた。
 そこは夢の向こう側。
佐竹氏や聰は夢の向こう側に到達した人たち。
夢の向こう側に到達できなくて挫折したわたしはこちら側の客席にいた。
 ドラマの中にはちらちらと生身の俳優の背景にあるリアルを織り込んである。佐竹氏演じる堺先生が上京して東京の某有名ミュージカル劇団に入ったのが1983年。それは文字通り佐竹氏がそして聰が劇団四季に入団した年。
そしてそれは、演劇学校を卒業するころキリストに出会ってクリスチャンになったわたしが、劇団の養成所の専科に編入し、数ヶ月でその劇団をやめた年。そしてわたしが演劇界から離れた年。
あの頃は「挫折」とは思わなかった。神様の導きに従っただけ…。もちろん今でもそう思う。けれども、やっぱり、「女優になる」と言う夢に関しては「挫折」したんだな、と改めて実感した。
そう認めることで、新たな出発があるような気がする。

 今のわたしはまた別の夢を追っている。
今わたしがいる世界は、とても狭い世界だと思う。
でも、演劇界が広いのかといえば必ずしもそうではない。
確かにマスコミに乗れば、広い世界だろう。でも、わたしが知っているたくさんの俳優さん達は、ほとんどの人に名前も知られずに舞台の上で、また画面の隅っこで自分の役を演じている。
佐竹氏だって、自分の劇団を率いてミュージカルコンテストで何度も入賞しているけれど、じゃあ、一般に名前が知られているかと言えば、ご本人には申し訳ないけれど、それほどでもないだろう。
でも、ミュージカルやダンスが好きな人にとっては憧れの人だったりるすのだ。
 そして、わたしの夢はと言えば、例えばキング牧師の夢とつながっている、大きな大きな夢だったりする。
自分が多くの人に知られることはないかもしれないけれど、全世界に通じている大きな夢なのだ。

 わたしが演劇をやめて数年経って神学校に通っていたころ、再会した演劇学校時代の先輩が、ポツリと漏らした言葉が忘れられない。
「(演劇を通して)もっと、とてつもなく大きなことができると思ったんだよ…」
その時わたしは、「わたしのとてつもなく大きな働きはすでに始まっているのだ」と改めて思ったのだった。
 わたしは今回、夢の向こう側でステージに立っている人たちを見ながら、新たな夢を追っている自分を再確認した。

 今は、夢の向こう側でもこちら側でもなく、夢の通り道にいるのだと思う。
向こう見ずで果てしない夢でも、追い続けていたい。
それは、神様には不可能なことではないから。
I have a dream.
そう、わたしには夢があるから、次の一歩を踏み出そう…。


  夢に見切りをつけ引き返したならば
  回り道をせずに僕は生きるだろう だけど
  月よ照らしておくれ 涙でにじまないで
  僕の身の程じゃなく 夢だけを照らしてよ
  夢の通り道を僕は追ってゆく
             By中島みゆき「夢の通り道を僕は歩いている」
posted by ♪Sunny at 10:53| Comment(4) | TrackBack(1) | 舞台 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
上手く言えないんですが、私にとって大きな励ましでした。
私にも新しい一歩を見せられています。
全部知ったからとかではなく、全部わからなくても信仰を持って「ついておいで」と言われる神様に着いて行くだけです。
何だか…抽象的ですみません。
神様に不可能はない。私も心からそう思っています。
Posted by wwjd at 2007年05月06日 22:11
★wwjdさん
PCが絶不調でお返事が遅くなってすみません。
読んでくださってありがとうございます。
お芝居は信仰と関係ないものでしたが、
わたしなりに、自分の歩むべき道を確認できたので
良かったなー、と思っています。

「わたしの夢」も抽象的にしか書いていませんが、
wwjdさんの心に何か通じるものがあって嬉しいです。
色んなことがありますが、神様を見上げていきたいですね。
Posted by ♪Sunny at 2007年05月09日 02:14
はい。
神様を見上げて歩みたいです。

sunnyさんのブログにいつも励まされます。ありがとうございます。

このブログに出会えた事を神様にたくさん感謝です。
Posted by wwjd at 2007年05月09日 20:48
★wwjdさん
そのように言っていただけて、本当に嬉しいです。
拙い文章ですけれど、誰か一人の方の励ましにでも
なれるなら、わたしのほうこそ、神様に感謝します。

わたしもwwjdさんと出会えたことを心から神様に感謝しています。
Posted by ♪Sunny at 2007年05月09日 22:19
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック


Excerpt: ・『ウィキッド』見たーっ!・タイトル別リスト〜映画・演劇・音楽・劇団四季「ライオンキング」が東京公演3000回達成!・インターネットで演劇・黒藤院舞踏公演「目覚める前に」・スポーツ関係ネタ発見! 劇団..
Weblog: 演劇をあげる
Tracked: 2007-08-12 17:26
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。