2009年06月09日

「夢にときめけ、明日にきらめけ!」

 今日は、エルと二人で「ルーキーズ」の映画を見に行きました。
グイドは、TVの「ルーキーズ」を見ていなかったので、映画も「別にいい」とのことで、エルと2人で出かけてきました。
 夕方6時40分からの上映ということで、子供を連れていくには遅いかな、と思ったのですが、わたし一人で行ったらエルが怒るし、エルと一緒に行こうと思うとその時間しか行けませんでした。行ってみたら、子供もたくさん来ていました。
今日はレディスデーだったので、それを狙ってきたお客さんも多かったようです。わたしもその一人でしたが。とにかく、平日の夜でしたが、お客さんはいっぱいでした。

 映画は、熱い青春物語で、冒頭の、御子柴君のモノローグを聞いただけで「ウルウルッ」と来ちゃいました。
 「夢に向かっていく青春時代、良いなぁ」「これからこの子たち、どんな人生を送っていくんだろう」とか、色んなことを考えながら見ていました。
隣にいるエルはどんな夢を持って、どんな風にその夢に向かっていくんだろう…。
わたしもいくつになっても夢にときめき、明日にきらめいていたいなぁ。

 エルも、感動して何度か泣いていました。特に試合のクライマックスではしゃくりあげるほど泣いていました。
終わってから「どんなところに感動した?」と聞いても「説明できない」と言っていましたが…。

 もともと御子柴役の小出恵介は好きだったし、御子柴君の役もすごく好き。今回も良い役でした。
新庄役の城田優は、「ルーキーズ」以前は興味なかったけど、「ルーキーズ」ではまって、「チーム・バチスタの栄光」も見て、「良いなぁ」って思っていました。今回、新庄は、ひときわ美味しい役でしたねぇ。
 今回は本当に2時間半ぐらいの上映時間にそれぞれのキャラクターに見せ場があって、良かったですけど、やっぱり、TVシリーズ11話かけて積み上げたものがあってこそのストーリーだったとは思いますね。
 やっぱりポジティブになれるストーリーは良いです。諦めないで夢に向かって歩き続けよう、と心から思いました。
posted by ♪Sunny at 01:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 邦画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。