2008年09月23日

パコと魔法の絵本

 いや〜、面白かったです。
 笑って、泣いて、感動しました。

≪あらすじ≫ 
そう遠くはない昔、あるところに変な人ばかりが集まる病院があった。院内一の嫌われ者だった偏屈なクソジジイの大貫は、ある日、一日しか記憶を保てないパコという少女と出会う。彼女にも意地悪にしか接しられない大貫は、パコが悪事を働いたと誤解して頬っぺたを引っ叩いてしまい、ひどく後悔する。翌日、何事もなかったように大貫に近づいたパコだったが、彼が自分の頬っぺたに「触れた」ことは覚えていた。彼女に詫びるために、大貫は病院の皆に頭を下げ、一緒にパコの愛読する絵本を演劇として演じてくれと懇願する。

≪キャッチコピー≫
子どもが大人に、読んであげたい物語。



 ポニョの作品説明に『少年と少女、愛と責任、海と生命、これ等初源に属するものをためらわずに描いて、 神経症と不安の時代に立ち向かおうというものである。』というのがありましたが、わたしとしては、「ポニョ」より、「パコ」の方がよほど「神経症と不安の時代に立ち向かっている」という気がしました。

 物語は現代版「クリスマスキャロル」という感じ。
でも「クリスマスキャロル」と違うのは主人公だけではなく、登場人物が一人一人、心の弱さや傷を抱えていて、屈折しているのです。
 でも、その一人一人が、物語の進行、展開とともに癒されていくのが何とも感動的なのです。
 それでいて、説教臭いというよりスラップスティックに近いハチャメチャな展開であるところ、そして、メルヘンチックな設定や映像。
 うちの娘は、ゲラゲラ笑いながら、楽しんでいました。
 でも、わたしは、笑いながらも、物語の途中からすでに涙涙…。
クライマックスでは娘もわたしもグイドもすすりあげながら泣いていました。

 役所広司の怪演ぶりもすごいですが、狂言回しの役割を果たす阿部サダヲはやっぱり達者な役者さんだと感服しました。
 とはいえ、今回は、出演者一人一人が「怪演」と呼ぶに相応しい演技で、皆さん(それなりに)魅力がありました。


 ラストに向かって、観客を裏切る仕掛けがあったり、意外な告白(?)があったりで、最後まで気が抜けない映画でした。

 これ以上書くとネタばれになるので、とりあえずはこんな感じで…。
またネタばれバージョンの感想は別に書くことにいたしましょう。

 まずはお勧めできる映画でした。

 ただし、虚構の世界、演劇でも映画でも、それらを見る時の鉄則を忘れてはなりません。
「芝居とは最高のものでもしょせん実人生の影にすぎぬ、だが最低のものでも影以下ではないのだ、想像力で補えばな」
これはシェイクスピア「真夏の夜の夢」の中の有名なセリフ。(すみません、どなたの翻訳だったか忘れました)
期待しすぎない程度の軽いノリで、ご覧下さい。
posted by ♪Sunny at 01:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 邦画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/106995948

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。